2009/07/09 (木) 12:00

なにそれこわい 裁判編

裁判長「検察側、弁護側双方の意見陳述が終わりました。30分の求刑とします」
被告 「えらく短い求刑ですね」
裁判長「格別短いとは思いませんが」
被告 「そうですか。ありがとうございます。でも普通それは検事さんが決めるんじゃないですか」
裁判長「えっ」
検事 「えっ」
被告 「えっ」
裁判長「求刑が終わったら容姿について述べていきたいと思います」
被告 「私の、、、ですか?」
裁判長「そうです」
被告 「それは裁判に関係ありますか?」
裁判長「むしろ裁判の全てと言えます」
被告 「じゃ、今までの陳述とかは関係ないのですか?」
裁判長「えっ」
被告 「えっ」
裁判長「身長な捜査に基づいた事実について判断します」
被告 「測りましたっけ?」
裁判長「とにかく容姿を述べたら後半は終わります。」
被告 「あれ、前半はいつやったんですか?」
裁判長「えっ」
被告 「えっ」
裁判長「時間が押してきたので、求刑を10分に変更します」
被告 「なにそれ短い。着替える暇も無く出てきちゃう」
一同 「着替えるつもりだったの???」